専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

2019-09-02から1日間の記事一覧

2010年 秘湯ハンター 4000mで星観露天風呂

シクワニを出発して道中にある温泉へ向かう 南米の温泉は当たり外れが大きいけど、ここの温泉はチャリダーの間でかなり評判がいい。 というのも、場所が不便なところでバックパッカーには一切知られていない。 歩き方には当然、あの天下のロンプラにも載って…

2010年 初野宿の寝覚め 最高の景色 シクワニへ

そんじゃま、行きますか 今日も川沿いの気持ちのいい道を走る 休憩中 アズミちゃんの自転車にスピードメーターをつける心さん 誰でも自分の自転車には愛着がわきます。 気持ちいい道だ 3時過ぎ町に着いたけど、宿が全然無くて結局野宿にする。 草原地帯。ア…

2010年 4人のチャリダー アンデス走る クスコ出発

美紗ちゃんチャリダー続行とこれからの南米走行に関しての追記(ちょっと真面目) リマで誘った時はクスコまで一緒に走ろうと約束して始まった自転車旅行。彼女にとって楽しいことばかりじゃなかったと思います。実際クスコに着いてからは、貸してた装備を返…

2010年 クスコの日常に起こった非日常。新たな仲間

マチュピチュから帰ってきた僕等は当然すぐ出発できるはずもなく、毎日マチュピチュに一緒に行ったメンツで日常に埋もれた生活を楽しんでたわけで リーズナブルながら、ちょっと小洒落た日本食レストランで かき揚げ丼や うどんを食べたり 毎日眠そうなワン…

2010年 マチュピチュの余韻 オリャンタイタンボ散歩 ペルーレイルに乗って再びクスコへ

マチュピチュを見終えた翌日は朝から雨だった 本当に昨日は絶好のマチュピチュ日和だった それにしてもあの山の峰の向こうにマチュピチュが存在してるなんて未だに信じられない 帰りはリッチに電車で帰ります というか電車を使うのが通常ルート。徒歩で行く…

2010年 ワイナピチュ から マチュピチュへ

ワイナピチュからマチュピチュに下りてくると既に晴れ間が広がっていた 全体を見えるのはいいけど、やっぱり朝の霧はベストな気がする なんか封印が解けちゃった感じ。笑 こんな感じの石壁がずっと続く。まさに圧巻 貴族の住居、技術者の住居、平民の住居な…

2010年 雲に浮かぶ都市 マチュピチュ。 ワイナピチュからの眺め

この日僕等はいよいよマチュピチュへ向かった。 多くの日本人がマチュピチュに強い憧れを抱いてる。僕もその中の一人だ。 朝3時半起床。 まだまだ薄暗い4時半にマチュピチュ行きのバスに並ぶ。 気合を入れて一番乗りを狙ってるんじゃない。 マチュピチュを見…

2010年 ガイドブックには載ってない秘密の第4のルート。線路トレッキング 歩いてマチュピチュ村へ

無事心さんとも再会し、美紗ちゃんと宿で友達になったアズミちゃんと4人でマチュピチュへ出かけることになった。 マチュピチュへ行くルートはいくつかある 最もオーソドックスな方法はクスコから快適電車旅。これだとかなり快適に拠点となるマチュピチュ村へ…

2010年 天空の園 美しすぎるインカの石組みの町。クスコ散歩

クスコ。 その昔スペイン人はインカ帝国の首都であったこの街の神殿などを潰し、土台である石組みの上に自分達の街を建てた。 その後度々訪れた地震によりスペインの建てた教会や建物は崩壊したが、インカの石組みはビクともしなかった。というのは有名な話 …

2010年 素人チャリダー アンデス越える クスコ入場

目的地のクスコまでは20キロ 美紗ちゃんはクスコからバックパッカーに戻るため、2人で走るラストラン どうでもいいけどこの街の、このパン屋の このアップルパイ激ウマです。 町を抜ける。雨の心配はなさそう。 しばらくはこんな気持ちのいい平坦な道を噛…

2010年 ビバ・アンデス  ゴール目前 イスクチャカ

クラワシで一泊おいて出発 雹が降って以降、午後や夜にスコールが降るようになった。やはりもう雨期らしい ウンザリする雨期だけど、緑が生き生きしてきて雲が力強く山にのしかかる様は圧巻だ クラワシからは一気に谷底に下りていく 本当にペルーの道は九十…

スポンサーリンク