専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

自転車世界一周旅-コーカサス編(グルジア・アルメニア)

2014年 最高の峠を越えて イランとの国境へ

ゴリスから先はより一層山道が厳しくなる。 山から谷へ。谷から山へ。 ただひたすらの九十九折。 はぁ。しんど。 景色も森森してきた。 野宿地に入る。 もう最高すぎるでしょ。 そして最後の難関にして最後の峠。1800mの標高差を超える 着いた瞬間詩織…

2014年 エレバンを出て、幸せな景色の中へ

エレバンからゴリスまで。 ゴリスから国境まで。 最後の山はルートの設定ミスで、2500mの峠から国境まではずっと下り坂です。 ザ・山岳国家。峠越えの毎日。他のチャリダーのブログを追っても、ここの区間は大半の人はタクシーでワープしており、更に出…

2014年 居心地良すぎ エレバンでの日々

アルメニアは山岳国家だけど、首都エレバンの周辺は広い盆地になっており、ここが発展して首都になるのは大いにうなずけるけど、 ここが本当に同じ国かと思うほど、エレバンの市街は洗礼されてお洒落だった。 何故かアルメニアピザがうまい しかも日本並みに…

2014年 山岳国家アルメニア入国 首都エレバンへ

トビリシからアルメニアまでは一日の距離だった。 国境でビザを取り、さくっと入国。 アルメニアは山岳国家。一日に一個は標高差1000m~1500mの峠を越えなければならない。 それに加え天候も不安定な地域なので、ここを走らないチャリダーも多かっ…

2014年 居心地良すぎる首都トビリシ 温泉と生ビールとホステルと

グルジアの首都であるトビリシは新旧入り乱れた面白い街並みだった。 グルジア名物ハチャプリ。胃もたれ必至 蚤の市 トビリシ郊外にある世界遺産の町ムツタヘ ここは物凄く微妙だった。 教会を歩いたりしたけど、 何より感動したのは、この街の温泉だ。 普通…

2014年 首都トビリシ到着

クタイシからトビリシまでは220キロほどらしかった。途中900mの軽い峠があるらしかったけど、ほぼ平地を走るらしかった。 2日で行けなくない距離だけど、スリコの家の朝食は9時半からと遅いため3日の走行プランで走ることに。 1日目は50キロ地…

2014年 クタイシ名物 スリコの家 人間世界遺産スリコ&メディコ

メスティアからクタイシまでは2日の距離だった。というか2日で押し切った。 2日目は途中でホテルを探したりして刻もうかとも思ったのだけど、手ごろなホテルが見つからず、野宿も幹線道路沿いはしにくそうだったので、結局160キロ走りヘロヘロでスリコ…

2014年 ブログ停滞のお詫びと再開のお知らせ

こんにちは。長らくブログを停滞してしまってもうしわけありません。 元気に走っておりますが、コーカサス以降イラン・中央アジアのネット環境が悪くブログがアップ出来ないでいました。 本日、ネットの割といい宿におり、出来る限り溜まったブログをアップ…

2014年 ウシュグリへのダート道

メスティアからウシュグリを抜けてトリビシに抜けるルート。 4WDの車でも困難な道だけど、自転車でもいけると聞いたので行ってみた。 結果。 連日の雨で路面状況は最悪。 昼間は一時的に晴れるものの、やはり夕方から雨 更に更に峠に雪が残ると聞き断念!!…

2014年 メスティアで氷河トレッキングへ

メスティア到着の翌日は氷河トレッキングに行くことにした。 メスティアも塔の村としても有名だけど、氷河トレッキングも欧米人を中心に人気を集めている。 大抵の人はメスティア村の裏山に登るトレッキングに行くのだけど、僕らは自転車で9キロほど走りそ…

2014年 コーカサス観光ハイライト スワネティ地方 メスティアへ

カフカスの山岳民族の間で『血の報復』という慣習が存在した。いや、存在すると言った方がいいだろう。これは身内の内の誰かが侮辱されたり危害を加えられた場合、被害者の家族は一族を挙げてその加害者に報復する義務を負うというもの。 多くは土地や家畜を…

2014年 コーカサス観光ハイライト スワネティ地方走行 前半 

さて、僕らが幹線道路を外れた理由として、スワネティ地方と言うそれはそれは綺麗な山岳地帯を走ることにあった。 まずは拠点の町のズグジジを目指す。 この町から奥地のメスティアまでは約140キロ。山道なので3日のプランで買い出しをする。(道中にも…

2014年 バトゥーミ出発!グルジア走行開始

バトゥーミで食に目覚めた僕らは極力ご飯はレストランで取ろうという事に決めた 出発した次の日のお昼にガソリンスタンドの横にちょこっと建つ、正直やってるのかな?と思わせるくらいの外観をしていた食堂に入ってびっくりした むちゃくちゃ可愛らしい。 僕…

2014年 コーカサスってどこ?最近知った国グルジアへ

トラブゾンからグルジアの国境までは一日半の距離だった。 トンネルが多いという事を除けば、強い追い風の吹くほぼフラットな走りやすい道だった。 トルコ側でポンと出国スタンプを付かれた後に、グルジアのイミグレの建物を通り、無事グルジアの入国を果た…

スポンサーリンク