専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

1歳の娘を連れてどこへ行く?ファミリーキャンプの勧め

1歳の娘を連れてどこへ行くのか。

たぶんほとんどの人が、まだそれだけ小さければ2泊3日くらいの温泉旅行か、旅館やホテルを使った観光旅行を思い浮かべるはずだ。

ただ、好奇心旺盛な1歳の娘を連れての旅館やホテルは、触ってはいけない物が多すぎて、子供にも親にもストレスだ。


連れて行って思ったのだが、1歳児と旅行するならキャンプがベストだ。


そんなわけで昼間家の夏休みは9日間北海道へとキャンプへ行ってきた。


今回は、新たに購入した道具を紹介。

まずはテント。

コールマンのランドスクリーン2ルームハウス。

 

ランドスクリーンのタープの後面に吊り下げ式のインナーテントをドッキングしてあるファミリーテント。
定員は4~5人で十分な居住性と、雨などでも家族が前室でゆったりご飯が食べられるだけの広さがある。
驚いたのは3万5000円という価格。これを高いか安いかと捉えるのは個人の自由だが、自転車旅行で使っていた山岳テントに比べると、この価格でこの広さは信じられない程安い。

同じタイプではこれが最安。スノーピークなどは流石に見た目もスタイリッシュで機能性も申し分ないのだろうが同じタイプで10万以上するので手は出せない。

店員に聞いた。

「価格の違いはなんですか?」


「幕よりもほぼフレームの違いで、重量が違いますね」

 

それを聞いて僕らはこのテントに即決した。
キャンプ場で張るファミリーテントだ。多少重たくても気にしない。

実際の使い心地も申し分なかった。
確かにフレームはずっしり重たかったし、構造に不安が無いわけではないが、強風時にも問題なかったのでこれで十分だ。設営も慣れてくると2人で10分かからず建てられる。

 


ただ重たいとなると、これが必要になってくるし、実際本当に重宝した。

コールマン アウトドアワゴン

 

1万円近くするが、ホームセンターやコストコで売っている廉価品を買わなくて良かったと思う1品。
組み立て楽々で操作性も抜群。耐荷重100キロで駐車場からキャンプサイトまでの道も苦にならず、娘もお気に入りの様でした。

キャンプ以外にも、公園や買い出しなどあらゆるシーンで重宝。

f:id:sunsunfamily:20190704141606j:plain



キャンプ所によってはリアカーもあるが、無いところも多い

 

次に迷ったのがテーブルとイス。
娘が座りやすく食べやすいローテブルと長椅子にした。

コールマン リビングテーブル120


ローテブルとしてもハイテーブルとしても使えるものに、ヒマラヤで見つけた1500円のPBの長椅子を購入。

ただ、大人と子供が一緒に座ると子供がテーブルから離れすぎてしまうので、家で使っていた小さい椅子をそのままアウトドアでも使った。

 

持っていなかったランタンも

 


電池でもUSBでも手回しでもソーラーでも使えるという災害対応ランタンで、明るさも申し分ないが、個人的にはキャンプにはもう少し暖色系の優しい光が欲しいかも。


こんな感じで揃えてみると、自転車旅では見向きもしなかったコールマンが本当に重宝した。
アウトドアギアも使う用途によって、こんなにも重宝するメーカーが違うのかと面白かった。

次回はキャンプの様子を書いていく

 

 

スポンサーリンク