専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

2009年 写真でつづる世界遺産カナディアンロッキー国立公園

9月下旬から10月上旬。

ここ2週間ほど心さんと、井戸さんとでジャスパー・バンフ。カナディアンロッキー国立公園を走っている

f:id:sunsunfamily:20190815095534j:plain



 
すべてを正確に映し出す美しい湖

f:id:sunsunfamily:20190815095554j:plain

野生動物

f:id:sunsunfamily:20190815095613j:plain


思わず飛んじゃう

f:id:sunsunfamily:20190815095630j:plain

柵を乗り越えコロンビア大氷河にタッチ

f:id:sunsunfamily:20190815095756j:plain

そして日記にはこう書いてあった。

驚いた。
今まで雲に隠れていてわからなかったけど、
周りをぐるっと雪を抱いたロッキー山脈に囲まれていた。
雪を被っているからだろう。迫り来るように、物凄く近くに見える。

 

すげぇ…

 

力強く、それでいて美しい。
しばらく走ると林が切れて視界が開けた。
カナディアンロッキー
決して高くはない。この辺で一番高い山でも3000m後半で、
殆どが2000m後半から3000mそこそこ。今いる標高が1500m。

 

だけど、壁のようにいきなり標高が高くなる岩山なだけに
標高差はさほど無いのに、首を上げて見上げる

 

雪のない青々とした岩山のロッキー。紅葉。それを全て正確に映し出すめちゃめちゃ綺麗な湖。半袖の夏日。青い氷河。雪山。30m先にグリズリー(笑)

移りゆく美しいロッキーを全て見れたのは本当に幸運だった。

 

そう。こんな感じに

f:id:sunsunfamily:20190815100027j:plain

 

 

 

 

スポンサーリンク