専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

2010年 雨・・・ですよね?

ザーーーーーー

 

f:id:sunsunfamily:20190816103812j:plain

 

雨・・・ですよね?

 

うーーん  雨・・・・っすね。

 

ザーーーーーー

 

f:id:sunsunfamily:20190816103833j:plain



 

行く・・・っすか?

 

 

うーーん  雨・・・っすもんね。

 

 

ザーーーーーー

 


・・・・・・。

 


普通雨なら迷わない。当然ステイだ。
乾燥地帯を走ってる今ならなお更だ。天気予報は今日を含め3日間雨。その後晴れ。

 


でも何もないこの町に3日間って・・・

 

行き・・・ますか?

 

ザーーーーーー

 

そっ・・・すね。仕方ねぇですね。どちらにせよここに3日間は居れないっすもんね

 


ザーーーーーー

 


・・・はぁ。なんてこったい

 


サカテカスに何もしないで晴れの日10日間。
かたやサカテカスから2日後、雨の中でも前進する日。

 

だったらサカテカスそんなに居なければ良かったじゃん!
とか
そんなにダラダラしてたんなら後3日くらい、何もない町で雨やり過ごしても同じじゃん!
とか、思われるかもしれない。

 

その通り。矛盾しているのは承知している

 

でも自転車旅には雨でも進まなければいけない時があるのだ!

 


再び安住の地で堕落の日々を送る為に(笑)

 


さて出発でし。次の街、アグアスカリエンテスまで約50キロ。
雨に打たれて走るのなんていつ以来だろう・・・

雨の日の装備を施し、いざ漕ぎ出す。

 

 

ザーーーーーー

 


うひょ~~~

 

これが以外にウキウキする。それ程寒くないってこともあるだろう。なんかテンション上がる。
久しぶりの雨。乾いた大地と同じように、こういうのも体が求めていたのかもしれない。
昼過ぎにはシャワーを浴びれて着替えられると思えば雨に打たれるのも悪くない。
北米では、雨でもびしょびしょのまま野宿してたから、嫌なイメージしかなかったけど

それに風もないし、路肩も広いし、道も良い。鼻歌まじりで快適に楽しむ。

そんなこんなで、あっという間に市街地まで入り込んできた。

このままセントロ近くのホステル目指す。  こりゃ楽勝だぜぇ

 

 

が、雨を楽しむのはここまでだった

 


アグアスカリエンテスは州都だけあって、さすがに大きい街だった。

いつもはホテルを決めていないので、カテドラル付近へ行って適当に探す。

だけど今日はホステルに泊まろうと思い、ホステルの簡単な地図入り冊子をサカテカスのホステルで貰っていた。

なのでカテドラルへは行かず、直地図を頼りにホステルを目指す。

 

 

これがそもそもの間違いだった。

 

 


地図。超アバウト。

 


地図には太い通りしか載ってないが、複雑に入り組む道路。

冠水する道。

雨で冷える体。

あっちかな?こっちかな?

地図にはメルカドの近くカテドラル近くと書いてある。

でも

 

 

そのメルカドってどれよ!?

 

 

なんかいっぱいメルカドあるんですけど・・・

 

 

仕方ねぇ。いったんカテドラルへ行って・・・

 


「・・・井戸さん。なんか沢山教会ありますけど、どれが地図のカテドラルっすかね?」

 

 

「・・・さぁ・・・?」

 



「・・・寒いっすね。ここどこっすかね?」

 

 

「・・・さぁ・・・?」

 

 

ザーーーーーーー。

 


・・・・・・。

 


雨無情。完全に道をロストした。

 


旅をしているとなんとなく初めての街でも、大体街の概要は掴めるものだが、この日は2人してカンが外れまくった。

 


そして、ここがカテドラルか分からないけど、華やかな通りの教会の前の広場で呆然と立ち尽くした。

 

 

ザーーーーーー

 

 

こんな雨の中びしょ濡れサイクリストに声を掛けてくるメキシコ人は誰一人いない。

 

 

「こうなったらホステル捨てて、どっか適当にホテル探しましょうか?」

 

 

「そうですね。それじゃなんとなくこっちの道から・・・」

 

 

って



あ~~~~!!

 


探してたGOMEZ FARIAS通りじゃないっすか~~!!

 

 

てことはこっちに行くとホステルありますよ!

 

 

その道は一方通行だったので、自転車を降りて押して歩いていく。

 

よかったっすね。これで見つかったも同然。

 

ってかなり歩いてきましたけど、まだですかね?

 

ちょっと地図で確認します。

 

ふむふむ。あれ?なんか過ぎてますね・・・

 

え・・・?

 

てか地図によるとココですね

 

!?

 


ココ!?何処?

 


よーく観てみると・・・

 

f:id:sunsunfamily:20190816104244j:plain




Lukasって。(Lukas Hostelを探してました)

 

え゛~~~~~

 


すっげ。存在感ゼロ。ホステルとも何も書いてないし・・・


元々ホステルや、人気のある安宿はひっそりと建ってる事が多い。アピールしなくても人が集まるからだ。


それにしても、ここまで解りづらいのは初めてだ。

 

なにはともあれホステル無事到着。ようやくシャワーと着替えにありつけた。

 

もう雨はしばらくいいや。何日でもこの街で雨をやり過ごすと言う事に2人異議はなかった。

 


一息ついて夕食にメルカドでタコスを食べて帰ってくると

 


あれ~~~~~!?

 


なにやってんの~~~~?

f:id:sunsunfamily:20190816104330j:plain




おっちゃん旅行者だったの?完全に近所のおっちゃんが暇つぶしでホステル来てんのかと思ってた。
向かって左のおっちゃんがサカテカスのホステルでよく話していたおっちゃんだった。
まさかここでも再会するとは思わなかった。

当然の事のように手元には酒。今日はラム酒を飲んでいた。
その輪の中に混ざり、再び笑い合う。
なんか不思議な縁だなぁ

f:id:sunsunfamily:20190816104350j:plain



スポンサーリンク