専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

2010年 2000mアップ 激坂の町

ぜー ぜー

 

 

アンデスに入ったとは言えまだ1000mそこそこだ

 

 


ぜー ぜー

 

 

なのにこの呼吸の荒れようは一体・・・

 

 

そりゃそうだ。たち漕ぎをしないと上れない坂が容赦なく立ちはだかる。

f:id:sunsunfamily:20190819211730j:plain

 


そうでなくとも冗談みたいな斜度の坂道。

f:id:sunsunfamily:20190819211758j:plain



 


ぜー ぜー

 

 


休ませてくれることなくひたすら上り。

 


時折普通の上り坂になるとマジでホッとする。

 


「あぁようやく普通の上り坂になった・・・」

 

 


・・・・。

 

 

 

いや一体どんだけだ。

 

 

Valvia の町を出発してから平均時速5キロで走り続けている。
歩いている速度と変わらないのに、辛うじて走っている。

写真じゃわかりずらいけど、左の窪んでるところまで道路が延びている。

f:id:sunsunfamily:20190819211845j:plain



 

天気もいい。気温もいい。人も、家も、真横を飛んでる鷲もいい。

f:id:sunsunfamily:20190819211911j:plain


ただ楽しんでる余裕は皆無だ。喘ぎ上り続ける

 

 

2時間半漕いでようやく最初の峠。進んだ距離たった

15キロ。

報われなさ過ぎる。

上がった標高900m。何が悲しくて15キロで900mも上がらねばならないのか

 

 

 


だけど山はずるい。アンデスはずるい。

 

 

 

こんないい景色を見せてくれるなんて、ツンデレもいいとこだ。

f:id:sunsunfamily:20190819212012j:plain

 

上ってきた道を遥か下に見下ろす。

f:id:sunsunfamily:20190819212034j:plain

 


この感覚はサイクリングのそれではなく、完全に登山のそれだ。

f:id:sunsunfamily:20190819212051j:plain

 


しばらくは尾根道を上ったり下ったりして2400mに。

 


すれ違うバイカーが声を掛けてきてくれる。

f:id:sunsunfamily:20190819212109j:plain

 

街の手前のレストランでメシ。

f:id:sunsunfamily:20190819212126j:plain

 

飲み物は2人共ジュースでいいか?と聞かれ「Si」と答えたら・・・

しれっとそれぞれ違う種類のジュースが出てきた。

f:id:sunsunfamily:20190819212146j:plain

ツボにはまり爆笑してしまった。

そりゃ両方ともジュースだけどさぁ。笑


2300m地点にあるヤルマルが見えてきた

f:id:sunsunfamily:20190819212202j:plain

こんな山奥の傾斜がきついとことにこんな町が!!と本当に驚く

f:id:sunsunfamily:20190819212228j:plain

 

本当に坂ばっか

f:id:sunsunfamily:20190819212250j:plain

 

絶対こいでなんか上がれない。

f:id:sunsunfamily:20190819212307j:plain

 

でも心さんは漕いで上がってたけど・・・笑

中心もどうしようもないくらいの激坂ばっかり。本当によくこんな所にこんな大きな町を造ったもんだ

f:id:sunsunfamily:20190819212326j:plain

 

f:id:sunsunfamily:20190819212339j:plain



この町では買出しをしてすぐ抜けるだけだったけど、こういう絶対普通の旅行者が来ない町に来ると、反応がすごい。


なんてったってコロンビアは自転車大国。こんな装備の自転車で町に入ればまるで地元に凱旋したような歓喜で迎えられる

 

「どこから来た?どこへ行くんだ?本当か!?そりゃすごいな」

 

人がいい。美人が多いと聞いていたコロンビア。

正直平地を走ってるときは、

「なんだ。中米とほとんど変わんないじゃん」と思っていた

 


だけど、だんだん走るにつれ、コロンビア人の人のよさがジワジワとボディブローのように効いてきた。

 


美人も多くなってきた。

 

 

 

 

 


しっ!!

 

 

 

 


街の雰囲気、人、美人

アンデスに入り僕の中のコロンビアが加速してきた。

 

買出しを済ませ町を出る。面白い町だったな

f:id:sunsunfamily:20190819212426j:plain

 

一旦2000mまで高度を下げ、さらに600m上がる

もうヘロヘロ。

すれ違いざまに子供達が走りながら話しかけてきた

f:id:sunsunfamily:20190819212447j:plain



本当は話すつらいからほっといて欲しかったけど、不思議と話していると嬉しく心と体が軽くなる


陽が大分傾いてきた

f:id:sunsunfamily:20190819212501j:plain

6時ごろ、なんとか町へ到着

本当はもうひとつ先の町に行く予定だったけど、安宿が通り沿いにあったので、転げ込んだ。



つかれた~~~~

 

この標高だと夜は寒いくらいだ


Valvia  - El Chaquiro 62キロ 標高2660m

 

 

スポンサーリンク