専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

2010年 4000m高地 青と緑の澄んだ世界

プキオでのんびり3日間を過ごしたのに前日夜にパッキングに追われて寝不足なのは長期旅行者の性と言うかなんと言うか・・・

 

そんなこんなでクスコに向けて出発です。

f:id:sunsunfamily:20190829105008j:plain


次の町は186キロ先のチャルワンカ。

f:id:sunsunfamily:20190829105020j:plain



町間遠過ぎ。笑
そりゃ食料大量購入すれば前日のパッキングに時間がかかると言うもの。


プキオの町を抜けるとずっと上りだったけど、気持ちのいい風景が広がる。

f:id:sunsunfamily:20190829105043j:plain


牧草地の中を川が流れ、子供達のはしゃぐ声に草を食む牛。
天気は薄曇りなが充分太陽の日差しを感じ暖かい。

f:id:sunsunfamily:20190829105105j:plain

なんて気持ちのいい風景なんだろう


それにしても今日の上りはしんどい。食料の重たさや、標高の高さもあるけど完全に寝不足だ

f:id:sunsunfamily:20190829105122j:plain


4時半まで走って、本日のお宿に向かいます

f:id:sunsunfamily:20190829105136j:plain

 

はい。本日のお宿は360度パノラマ、川の跡地です。

f:id:sunsunfamily:20190829105148j:plain

雨期ではNGだけど、今はカラカラ乾季なのでここにテントを張ります


ちなみに標高3900m。


夕方の気温マイナス4度。

f:id:sunsunfamily:20190829105201j:plain

 

いよいよ来ました。氷点下野宿。


寒いけど、空気が澄み渡り、耳鳴りがするくらい静寂に包まれる。


ご飯を食べ終わる頃には満天の星が輝きだす。

 


震えるくらい寒いけど、標高が高い氷点下の野宿はまた格別だ

 

さて翌日。テントの中でさえ氷点下だったけど、太陽が出れば一気に気温が上がる。

f:id:sunsunfamily:20190829105221j:plain

 

f:id:sunsunfamily:20190829105229j:plain


 

野宿の時の行動パターンは日の出の5時半に起床。日没の6時半にはご飯を食べ終わり、8時ごろには就寝。

 

自転車旅を始めた頃、7時を過ぎないとお腹も空かないし、12時を過ぎないと寝れないし、丁度そのくらいに寝るのが自分にとってのベストだ。
と豪語していた美紗ちゃんも最近じゃ6時前でもお腹が空くし、就寝が9時になろうものなら、

 

「ヤバイ。もう9時だから寝ないとね」

と言っている。笑

 

日の出と共に目を覚まし、日没と共に行動を終える。

 


国が定めた時間と言う概念を消し去る。

 


日本で生活してたら絶対ありえない事が

 

 

山深いアンデスではそう過ごすのがもっとも自然で気持ちいい。

 

f:id:sunsunfamily:20190829105403j:plain

あっ、ちなみに歯磨き中っす。

 


ご飯を食べ終え歯磨きをする頃には既にポカポカ天気。

 


気持ちがいい。

f:id:sunsunfamily:20190829105421j:plain

 


羊とアルパカの群れを発見

f:id:sunsunfamily:20190829105436j:plain

 

もうアルパカさん可愛すぎるんですけど。

f:id:sunsunfamily:20190829105449j:plain

 


抱きついてモフモフした~~~い

 


そんな穏やかな放牧風景を見ながら休憩

f:id:sunsunfamily:20190829105501j:plain


うむ。贅沢なり。

 


あつ~い。てか空が青~ぃ

f:id:sunsunfamily:20190829105514j:plain

 

ナスカから200キロ地点。

f:id:sunsunfamily:20190829105528j:plain



美紗ちゃん死す。笑

 

こんな体勢で写真を撮れるくらい、周囲に何もなし。

 

 


標高4190m。

f:id:sunsunfamily:20190829105546j:plain

 

地図によるともうボチボチ2回目の峠なんだけど・・・

 

で、

 

 

 


きた~~~~!!!湖だ~~~~~!!!!

 

 

f:id:sunsunfamily:20190829105609j:plain



 

二人ともめっちゃテンション上がった。

そりゃそうだ。空の青さもさることながら、湖の青さが半端じゃない

f:id:sunsunfamily:20190829105626j:plain


世界はなんて綺麗なんだろう。。。



必死に上って来た僕等には、他の誰よりもこの湖が青く綺麗に見えたはずだ

f:id:sunsunfamily:20190829105654j:plain

 


その後しばらくは4000mの高原を走り抜ける

f:id:sunsunfamily:20190829105821j:plain

 

f:id:sunsunfamily:20190829105832j:plain



アルパカめっちゃいる

f:id:sunsunfamily:20190829105848j:plain

 

だからあんたたち可愛すぎ

f:id:sunsunfamily:20190829105901j:plain

 


なんか美輪さんみたいのがいる~。笑

f:id:sunsunfamily:20190829105915j:plain

 

きっと幾戦もの毛刈りを間逃れた歴戦の猛者に違いない。

f:id:sunsunfamily:20190829105933j:plain

 

 

吸い込まれちまいそうだ

f:id:sunsunfamily:20190829110011j:plain

 

日没迫る。アルパカ帰る。

f:id:sunsunfamily:20190829110028j:plain

 


ネグロマヨという小さな集落についた。


水補給。集落では大きいボトルは売ってなく、600mのボトルを大量購入。

f:id:sunsunfamily:20190829110039j:plain

この日は12本。その他手洗い水や調理用水を分けてもらう。

 

ここで暮らす子供。

f:id:sunsunfamily:20190829110055j:plain

乾燥と日差しで、肌が黒く乾燥しているのが高地に暮らす人達の特徴

写真を撮っていい?と聞くと快く了承してくれた。

旅行者どころか、他の村ともほぼ交流が無いんじゃないかと思われる小さな集落。
僕等を見て恥ずかしそうにしながらも興味津々


今日はこの集落の集会所のスペースにテントを張らしてもらう。

f:id:sunsunfamily:20190829110109j:plain

 

4300m。当然今日も氷点下


集落には電線から電気を引いている筈なのに、どの家にも明かりは灯らず真っ暗だったので、この日も星がすこぶる綺麗だった。


そうそう、実はカメラをリマで受け取った。
パナマの首絞め強盗にカメラを撮られて以来、南米は初期に使っていたカメラでしのいでいた。
だけど、せっかく首絞め強盗に会ってカメラを取られたのだからと、その時よりもちょっといいカメラを購入。日本から送ってもらっていた。

 

で、なにが言いたいのかというと、実はあまりまだ使い方をマスターしていなかった。

 


8秒しか開けないと思っていたシャッタースピードが実は60秒開ける事に今日気づいた。

 


で、試しに30秒開き星を撮ってみたらこうなった。
部屋を暗くしてご覧下さい

 

f:id:sunsunfamily:20190829110128j:plain

 

 


4000mの星空。とにかくもうめちゃめちゃ綺麗だった。

 


483日目 Puquio - 180キロ地点 25キロ
     標高 3110m → 3900m


484日目 180キロ地点 - Negromayo(230キロ地点) 51キロ 
     標高 3900m → 4390 → 4280m

 

 

スポンサーリンク