専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

2010年 曇り、晴れ、雷、雨。 のち 雹

滞在中の3日間は晴れてたのに、アバンカイ出発日の今日の曇りだった。

まぁここから約1500m上がるルートになるから暑さを抑えられる丁度いい天気とも言える

ここアバンカイは山の斜面に造られた町で、クスコへ行くにはその斜面を一気に上らなくてはいけない。

f:id:sunsunfamily:20190829161324j:plain

ペルーの国道の傾斜はそれ程きつくない。それゆえ永遠と思えるほどの九十九折の道路が出来上がる。


ただし、町の中は別。先が見えないほどの傾斜

f:id:sunsunfamily:20190829161340j:plain


写真で伝えられないのが非常に残念だけど、これアホみたいな激坂

f:id:sunsunfamily:20190829161352j:plain

 

こんなのがセントロから山に向かって真っ直ぐ延びている

当然こんな傾斜の坂は走れないので、この道に何度も交差するように巻きながら道路が上えと延びる

f:id:sunsunfamily:20190829161411j:plain



町を抜けてからはのんびり標高を上げてく。

f:id:sunsunfamily:20190829161433j:plain

 

段々小さくなるアバンカイの町。

f:id:sunsunfamily:20190829161451j:plain



 

のんびりと上げていくって言ったって、大体箱根峠と同じくらいの傾斜。

f:id:sunsunfamily:20190829161521j:plain




自転車旅を始めた頃は200mくらいの坂道でも止まっていたのに、今では驚くくらい坂道をサクサク上っていく。

f:id:sunsunfamily:20190829161508j:plain

 

昼飯中は、刻々と変わる木陰を追いかけて食べる

f:id:sunsunfamily:20190829161542j:plain


大分上ってきた

f:id:sunsunfamily:20190829161610j:plain




と、昼間は晴れ間も見えていたけど、遠くで雷の鳴り響く音が聞こえてきた。

上空では黒い雲が広がる



こりゃヤバイかも・・・


正直雨や雷の走行も一人ならなんら問題は無い。
雨宿りできるならするし、なければ出来る所までカッパをきて走るまでだ。

ただ、この乾季。美紗ちゃんの装備は雨を想定できていない。

この標高で雨に打たれたらキツイ。

しかも傾斜のキツイ山肌を削って道を作っているので、雨宿り出来るようなスペースはほぼ無いのだ。

 

 


ゴロゴロゴロ~~~~~!!!!

 

 

 

あっ、まじでヤバイかも・・・

 

 

 



ポツ。

 

 

 


あっ。やべ。いま完全に落ちてきたよね?
この手の雨って一気に来るんだよね

 

 

 

 

ザーーーーーーーーーーー。
ゴロゴロゴロゴロ~~~~~~~~!!!!!

 

 

 

 

やべぇ。本格的に降ってきた。

 

 

 

 

周囲に雨宿りできる場所は無い

 

 

 


標高は3500m。こんな高所で雨に全身を濡れたらそれこそヤバイ。

 

 

 

 

こんな事態は避けたかったけど、仕方あるめぇ・・・

 

 

 

 

アンデスの民よ。空気読めよ。

 

 

 

 

道路脇の丸見え路肩で野宿。てかビバーク

 

 

 


ザーーーーーーーーー。
バチバチバチバチーーーーーーーー。

 

 

 

 


げっ。痛っ。

 

 

 



雹が降ってきた!

なんたこったい。

 

 

 


なんとかテント設営。二人とも服は濡れたけど、体温は奪われていない。ギリギリセーフ

 

 

 

時折、てか頻繁に頑張れよ的な車の「プップッ」とクラクションが聞こえる。

 

 


雷と雨がテントを叩く。この感じだと数時間で止みそうだ。

 

 

 


思ったとおり、数時間で止んだけどもう既に夕闇も迫っていたので、そのままここで夜を明かす。

 

 

 

テント丸見えで車が通る度にヘッドライトが当たるけど、頼むからアンデスの民空気読んでよ!!

 

 


翌日

 

 

 

朝を無事に朝を迎えられた時は正直ホッとした。昨日は緊急時であんな所にテントを張ったけど、アンデスの山奥でだから許される無謀な野宿だと思う。

 

 

 

だってこんなとこだもん。笑

f:id:sunsunfamily:20190829161709j:plain

 

 

 

丸見え。笑

 

 

有難い太陽。だけどこの後雲が広がり太陽は隠れる

f:id:sunsunfamily:20190829161721j:plain

 

なんかこの区間こんなん多い。

f:id:sunsunfamily:20190829161736j:plain


上がってきたぁ

f:id:sunsunfamily:20190829161750j:plain

 

たぶんあそこの鉄塔がてっぺん。

f:id:sunsunfamily:20190829161816j:plain


いよっしゃ~。頂上!!

f:id:sunsunfamily:20190829161828j:plain


町から1500アップ。谷から2100mアップ

f:id:sunsunfamily:20190829161840j:plain


下りだ~!!

f:id:sunsunfamily:20190829161916j:plain



 

山のこっち側は緑が多く、田畑も多い

f:id:sunsunfamily:20190829161858j:plain

f:id:sunsunfamily:20190829161931j:plain

 

万年雪の山が見える

f:id:sunsunfamily:20190829161947j:plain

 

本当に九十九折はペルーの名物だなぁ

f:id:sunsunfamily:20190829162007j:plain



画面左上に町が見える。直線距離ではたぶん5~6キロ。でも道路の距離はここから約20キロ。信じられないぐねぐね道路

f:id:sunsunfamily:20190829162018j:plain

 

ずっと下り。上ったご褒美

f:id:sunsunfamily:20190829162048j:plain



町が近くなる

f:id:sunsunfamily:20190829162037j:plain

 

で、クラワシ到着。

f:id:sunsunfamily:20190829162107j:plain
看板が家にめり込んでますけど。笑

 

 

標高2565m。
町民は半袖なのに、4000m近くから下ってきた僕等は、ジャケット、手袋、耳あての完全武装。笑 慌てて冬の装備を脱ぎ捨てる。
昨日雹に打たれて震えてたのが嘘のように暖かい
恐るべし、グランドライン

f:id:sunsunfamily:20190829162138j:plain


ここまで来たらクスコまであとちょっと。

f:id:sunsunfamily:20190829162150j:plain

なんだかとても疲れた。2人揃って体調不良だったので、この町で1泊おくとこにする。

 


491日目 Abancay - Abancay 28キロ先  28キロ
     標高 2355m → 3470m

 
492日目 Abancay 28キロ先 - Curahuasi 41キロ
     標高 3470m → 3840 → 2565m

スポンサーリンク