専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

2011年 ハラハラ野宿

サルタを出発して次はカファジャテを目指します

f:id:sunsunfamily:20190907223211j:plain



 


昼過ぎにベルギー人サイクリスト。アンソーとコリンに出会う

f:id:sunsunfamily:20190907223221j:plain

 

彼等はキトからウシュアイアまで走っていて、3年前もキトからウシュアイアを別ルートで走ったんだけど、サルタとカファジャテまでは同じルートを走ると言う

 

 

夕方町のガソリンスタンドで再会。

 


休憩がてら話していたら、この先5キロの所に橋があってそこがいい野宿スポットなんだけど、一緒に来るかい?

 

 

 

というので、それじゃ。という事で便乗

 

 


しばらくすると反対方向から2人の自転車乗りがやってきた

 

 

めっちゃ小さい町の小さいガソリンスタンドに

 

 

6人チャリダー

f:id:sunsunfamily:20190907223257j:plain

 

すごい

 

 

話してるうちに彼等も一緒にキャンプするということになった。

ただ食料がないのでここで買出ししてからくるという

彼等にとっては来た道を少し引き返す事になるのだけど、面白そうだと思ったのだろう

 


と言う事で、僕等4人でとりあえず出発

f:id:sunsunfamily:20190907223320j:plain

 

 

ところがめっちゃ下ってく。

f:id:sunsunfamily:20190907223338j:plain

 


僕等はいい。どうせ行く道だし。でも後から来た2人は再びここを上るのだろうか・・・

 

 


いや、結構下るなぁ

f:id:sunsunfamily:20190907223420j:plain

 

 

 

長くて後1キロ以内だからと言われてからもう既に5キロ近く・・・

f:id:sunsunfamily:20190907223540j:plain



 

なんとかその川に到着したものの、到底野宿がしやすいとは思えなかった

 

 


それもそのはず、

 



3年前は水がなかったんだけどね~~~~

 

 

ふむ。仕方ないか

 

 

 

と思いきや、奥さんのコリンが先陣をきって、泥の川に突入。進んでく

 

 


なんてワイルドなんだ

 

 


仕方なく僕等も川を越えるが・・・・

 

 

 


川幅自体が狭い川。今は半分くらい岸があるけど、明らかに先日の雨では、増水して今いる岸も川の一部になっていたに違いない。

 

 

 


彼等は先へ進もうとするが、こんなところ上流でちょっと雨が降ったら一発アウト。

 

 

 


彼等にはゴメン。といって違う場所を探す事にする

 

 


だけど、彼等もしばらくして帰ってきて、やっぱ違う所にするわと

 

 

まぁそりゃそうだわ

 

 

 

結局日没ギリギリで町に着き。サッカーコートの脇のスペースに場所確保

f:id:sunsunfamily:20190907223517j:plain



 

ところで、分かれた2人のチャリダーはどうしたのだろう?

 

 

アンソーとコリンからは一言の心配も聞かれなかったが、日本人の僕等としてはなんかとっても申し訳ない事をしてるような感覚になった。

 

<span style="color:#663300">
<i>579日目 Salta - La Vina 先 野宿 98キロ
    標高 1145m</i><span style="color:#663300"></span>

スポンサーリンク