もっと気軽にアウトドア

自転車で世界一周した父が、家族のために気軽なアウトドアに奔走します。

2011年 花の都フィレンツェ チャリダーとして

さて、ピサからフィレンツェは約80キロほど

f:id:sunsunfamily:20200203151849j:plain


途中で観たこのいたずらに思わず爆笑

f:id:sunsunfamily:20200203151906j:plain


こういうの好き


そして3時前にフィレンツェ入城

f:id:sunsunfamily:20200203151921j:plain

 

サクっとホステルを見つけて、シャワーを浴びて、スーパーに行って、ビールを思わず2本空けてほろ酔い気分で、早速?市街地へ向かった

 

観えてきた。

f:id:sunsunfamily:20200203151936j:plain

 

フィレンツェのドゥオーモ。

f:id:sunsunfamily:20200203151952j:plain


さすがに大きくて綺麗だ

f:id:sunsunfamily:20200203152007j:plain



栗が売ってた。実は走行中栗がボコボコと落ちていて今が食べごろ

f:id:sunsunfamily:20200203152029j:plain



自然な甘みで旨かった

 

ブエッキオ橋からの眺め

f:id:sunsunfamily:20200203152303j:plain



夕日の名所らしい

 

それにしても凄い人だ!!

f:id:sunsunfamily:20200203152317j:plain




翌日は朝から美術館巡り

f:id:sunsunfamily:20200203152400j:plain



 

まずは最大の見所であるウッフィンツィ美術館。

ここはかつてのメディチ家の事務局であり、ダ・ビィンチ、ミケランジェロラファエロボッティチェリというメディチ家に才能を見出された天才たちの作品がここに収められている。

 


とは言うものの・・・

 

 

 
すげぇ行列・・・

f:id:sunsunfamily:20200203152420j:plain

 

 

 


いつもならスルーするけど、せっかく来たんだしな・・・

 

 

 

 

長い長い行列に並び、はぁとため息が出た

 

 

 

 

 

ここも違ったか・・・

 

 

 

 

花の都。フィレンツェ

 

 

 

 


その甘美な響きを持つ街に来たら、あるいは何かが変わるんじゃないかと期待した。

 

 

 

 

 

だけど、驚嘆したり、ワクワクしたりする事はここでも何も待ってなさそうだった

 

 

 


ヨーロッパの街は確かに綺麗。
見所も沢山ある。

人は親切だし、食料・水・野宿には困らないし、道も綺麗。

いうことない。
本当にさすがヨーロッパ

 

 

 

 

 

だけど、それだけだった。

 

 

 

 

 

 


そんな感情を騙し騙しここまで来た。

 

 

 

 

 


今の僕のヨーロッパのルートは、ただ単に走り観光地で泊まり観光する。

 

 

 

 

 

それって短期のパック旅行となにが違うんだろう?

 

 

 

 


正直ヨーロッパを走ってる今も心ここに在らずって感じで、トルコやアフリカの事を考えている。

 

 

 

 


それで、いいのだろうか・・・?

 

 

 

 

 

長い長い長蛇の列に並んでるのも、なんか虚しくなってくる

 

 

 

 

 

本当に行った証拠を収めるだけの記念撮影的なヨーロッパ

 

 

 

 

 

はぁ。

 

 

 

 

 

そんな事をダラダラ思いながら、i-podに入っている歩き方を暇つぶしに見ていたら、あるページで手が止まり釘付けになった。

 

 

 

 

 

まず目に留まったのは、言葉より写真だった。

 

 

 

 


切り立った岩山。青い空に浮かぶ白い雲。草原と森と湖が本当に美しかった。

 

 

 

 

 


I-podに入ってる歩き方だと次に行く町しかチェックしないけど、改めてみたらこんな所があったのか・・・

 

 

 

 

 

 

 


慌てて地図を出し、見てみる

 

 

 

 

 

 


当初の計画ではアドリア海ヴェネツィアを経て最短でスロベニアへ抜ける予定だった。

 

 

 

 

 

ほぼ平地の楽チンルート、ただし、恐らくつまらない

 

 

 

 

 

 

今目に留まったルートは北にある山脈地帯。だいぶ山を上り遠回りをしオーストリアに抜けるルート

 

 

 

 

 


行きてぇ。ここめっちゃ行きてぇ・・・

 

 

 

 


だたし、問題もあった。

僕に残されたシェンゲン協定(ビザなし3ヶ月の滞在)の残り時間は約1ヶ月と10日。

遠回りして、協定内に抜けられない可能性もある。


そして、もうひとつ


その山岳地帯は9月中旬までが観光シーズン。今が10月の8日。2000mの峠が連なるその道では積雪の可能性が充分考えられる

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・。

 

 

 

 

 

 



だ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 


シェンゲンだろうが、雪だろうが関係ねぇ~~~~~~!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 


ここ行く。もう絶対行く!!!

 

 

 

 



つうかお前、本来こういうところを走るんじゃなかったのかよ!!!

 

 

 

 

いつの間にか観光旅行に甘んじて、なに気づかないふりして首かしげてんだ~~~~!!!!

 

 

 

 

 

 

チャリダーだろ!?お前は!?
出会いが薄いとか、街が同じだで飽きたとか、ヨーロッパのせいにしてんじゃねぇ!!!

 

 

 

 


よし!行こう!!!

 

 

 

 

そう考えたら、本当にヨーロッパに入って初めてワクワクした。

 

 

 

 

 

すげぇワクワクした。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだ。簡単な事だったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 


チャリダーが必要な物を街で感じるわけがない。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ山でしょう?

 

 

 

 

 



待ってろや~~~~!!!!


ドロミテ山塊~~~~~~~!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 


そう考えると、楽しくてしかたなかった。

1時間半の待ち時間の末ようやく入った美術館も楽しかった。

イタリアの美術館は写真不可だからすっ飛ばすけど、教科書に載ってる絵を目の前にするのはやはり感激する。


つうかメディチ家の規模でか過ぎ

f:id:sunsunfamily:20200203152746j:plain

 


そして昼飯は、日替わりメニューで出ていたピザ。

初めてイタリアでピザを食べる。

僕は、半年に一回くらいはピザでもいいかなぁというくらいのピザ好き具合だ。

って、やっぱりデカッ!!

f:id:sunsunfamily:20200203152759j:plain




味は確かに美味しい。チーズがいいんだろうな。

だけど、この大きさひとりって・・・


物凄いボリュームでした。
ちなみに飲み物と、サラダがついて8.5ユーロ。これくらいで食べれるならたまに外食も悪くない。


うん。次からはパスタにしよう

 

空と雲がいい感じ。フィレンツェっぽいなぁ。

f:id:sunsunfamily:20200203152812j:plain



よく分からんけど

 

 


散歩をしながら

f:id:sunsunfamily:20200203152911j:plain

f:id:sunsunfamily:20200203152837j:plain

 

 

f:id:sunsunfamily:20200203152842j:plain

f:id:sunsunfamily:20200203152846j:plain




次なる美術館。アカデミア美術館へ。

ここも並んだけど、ここにはミケランジェロダヴィデ像がある。

 

 

 

 

 

 

これは本当に凄かった。

 

 

 

 

 

 

何これ?これ本当に人間が造れるものなの?

 

 

 

 

 


ってくらい力強く躍動感にあふれ、感動した。

 

 

 

 

 

 

絶対誰もが一度は観たことのあるダヴィデ像。まさかここまで物とは思わなかった。

旨く伝えられないけど、フィレンツェ来たら絶対ここは来て欲しいスポット。

 

 

 

 

 

百聞は一見にしかず。まさにその通り。

これは観なきゃ解らない!!!

 

 

 

 

ちなみにレプリカは広場にあります。

f:id:sunsunfamily:20200203152928j:plain



観たことあるっしょ?

 

 

 

 

翌日はドゥオーモに登ってみる。

f:id:sunsunfamily:20200203152942j:plain



相変わらずめっちゃ並んでる。まぁ仕方ない。


40分程待って、ようやく中へ。いきなり凄い階段を一気に上らされる。


途中こんな天井絵の近くを通ったりしてなかなか面白い。

f:id:sunsunfamily:20200203153000j:plain

f:id:sunsunfamily:20200203153006j:plain



急で狭い階段を、下りてくる人とぶつかりながらようやくてっぺんへ。

 

 

 


さすがフィレンツェ

f:id:sunsunfamily:20200203153023j:plain



記念的な登頂でしたけど、やっぱりいいっすね。

f:id:sunsunfamily:20200203153033j:plain

 

お昼はようやくパスタを食べる事ができた。

f:id:sunsunfamily:20200203153045j:plain



確かにパスタがモチモチしてて旨い。

イタリアはスペインみたいに日替わりメニューがあるからレストランも比較的入りやすくて助かるなぁ

 


822日目 Firenze  88キロ  

823日目 ~ 824日目 Firenze


@イタリア

スポンサーリンク