専業主夫的 家族経営

~家族を経営するという考え方~

旅と子育てのカメラ機材の話

自転車旅から子育てまでのカメラの話。


基本的に旅のカメラの子育てで使うカメラも考え方は同じだ。
 

綺麗さと気軽さ。

はっきり言ってこれに尽きると思う。

そう言ってしまうと、最新のiPhoneとかにしておけば、間違いないというのは、

まぁその通りなんだけど、今回はあくまでカメラの話。

 

 

旅で使っていたカメラは?


僕は自転車旅の前半ではコンデジのみで旅していた。

もっと言うと初期の初期はフィルムカメラだけだった。流石に今一般の人でフィルムカメラを使っている人はほぼいないと思うけど、思えば2010年前後はコンパクトデジタルカメラの全盛期だったように思う。気軽に撮影できるコンデジを気に入っていたけど、やはり画質には限界があった。初めはブログにちょっと乗せる程度と思っていたが、段々と色々なシーンで使いたいと思い一眼レフをの購入を考えた。

特に旅の後半のアフリカでは野生動物のエリアを走るので、綺麗なカメラで撮りたいと思ったのだ。

 

実際に帰国してみると、自分の写真をメディアに出したり写真展に出したりとすることも多く、出す写真はやはり一眼で撮った写真ばっかりだったりするので、そういう事も踏まえて、大きくて重くても僕は一眼レフカメラをお勧めする。

 

再スタート時にはキャノンのEOS kiss X6iの標準望遠レンズ18-135mmを使っていた。

f:id:sunsunfamily:20200708112613j:plain


こだわればもっといいカメラはあるのだろうが、あまりカメラの知識のない僕には十分すぎるカメラだったし、重たいのはかなりネックだったが、遠くの野生動物や人物を撮る自転車旅にはこれくらいの望遠レンズの装着は避けられなかった。

そもそも、高価すぎるカメラは盗難や破損のリスクを考え出来るだけ避けたかった。

 

最高のサブ機アクションカメラGopro

しばらくは新しく購入した一眼レフとコンデジで旅をしてたが、

やはりどうせ撮るなら綺麗にと思い街歩きも一眼を持ち歩くようになった。

海外も子育ても、近所のスーパーや定食屋に行くだけでも写真を撮りたいネタは結構転がっている。

ところが、アクションカメラのGoproを知ってから、一眼レフとは全く違う映像や写真が遊びながら撮れるGoproがどうしても欲しくなった。

その時はトルコに居てもう翌日には恐らくGoproが売っていないであろうコーカサス・イラン・中央アジアに向かって隣国グルジアに入るところだった。

ただ、このチャンスを逃してしまうと二度とないと思い飛行機でイスタンブールに戻り、Goproを買ってきてとんぼ返りして戻ってきた。

 

アクションカメラGopro3+だ

f:id:sunsunfamily:20200708114620j:plain

 

よく一眼レフとコンデジで旅する人が多いが、二台持つなら断然Goproだと思う。

f:id:sunsunfamily:20200708114641j:plain今では当たり前のセルフィ―
広角なので一眼レフとは違う写り方が面白い

 

 

自転車から棒を延ばしそこにGoproを付けてタイムラプスで撮る。

f:id:sunsunfamily:20200708114804j:plain

全く新しいアングルの写真は撮っていて本当に楽しかった。

 

 

本題の子育てに向いているカメラとは

さて、子育てのカメラは何を使っているかと言うと、やはり一眼レフとGoproだ。

もちろんiPhoneも使っているし、なんやかんやでiPhoneで撮る写真が一番多いけど、それは写真共有アプリで祖父母にも観てもらう為でもある。

いい写真よりも日々をパッと切り抜いて観てもらいたいという気持ち。

 

ただ、やはりいざ現像するとなるとiPhoneの写真だとかなり粗い。最新機種は知らないけど、綺麗に残したいなら、てか、将来的に残る写真はやはり一眼で撮った写真だと思う。


結婚と出産のタイミングで、カメラを買い替えるちょうどいいタイミングがあった。

結婚式を手作り結婚式にして、前撮りくらいは写真屋でって思ってたんだけど、値段とクオリティに納得いかず、結局前撮りからすべて自分たちで行うことに。カメラマンはコーカサスを一緒に走った雄介さんにお願いした。

そして、結婚式を手作りにして浮いたお金で、奮発して一眼レフをフルサイズのキャノンのEOS 6Dに買い替えた。


レンズキットでEF24-105mmのレンズが付いていた。
この一眼レフの買い替えはカメラの詳しい友達のお薦めだった。特にキャノンはレンズキットを含めてのコストパフォーマンスが高いという事だった。

 

 

 

結果大満足だった。

ただ、

EOS 6Dはフルサイズの中では軽量だが、24-105mmのレンズが付いてれば流石に重たい。

子育てで持ち運んだり、パッと取り出すには少し煩わしかった。

そもそも子育てで使っているの105mm とか必要ない。運動会とか学芸会の時は重宝するが。

そこで単焦点のEF40mmF2.8を購入した。

 

いわゆるパンケーキレンズ

ちなみにこれもカメラの詳しい友人が使っていたもの。

 

これ子育てには本当に最適だった。軽いし、かさばらないし、単焦点なのであまり細かい事を気にせずシャッターが切れる。
撮れた写真も物凄く綺麗に撮れる。

f:id:sunsunfamily:20200708141333j:plain




綺麗に撮れること以外にこのEOS6Dにして良かった事はWifiが付いている事。
写真を撮ってネットにあげる際は、そのままスマホに飛ばせるので、この機能は本当に重宝した。
子供の写真はSNSなどにはあげないが、写真共有アプリ「みてね」などではあげる機会が多い。

f:id:sunsunfamily:20200708141352j:plain




さらに子育てはイベントごとに家族写真を撮ることが本当に多い。

それには当然セルフタイマーを使う事が多いので、

子供が動き回ったり目をつぶったりするのにいちいちセルフタイマーでちまちまやってられない。

リモコンは超便利。おすすめ

 


そして知らなかったのだけど2年前に発売されたGoproHERO7ブラックは、ここ最近のモデルチェンジでは最も進化したモデルチェンジだと思った。
初期のGoproは遊ぶために必要な機能は極限までシンプルにしたよ的なアメリカンな所が好きだったけど、最近は色々ワチャワチャしててなんだかなぁと思ってたけど、

このHERO7は凄いと思う。

 

特記すべきは、とにかく手ぶれ補正が凄い!!これは本当に凄いと思う。
僕の使ってるGopro3+も十分だけど、こういうところがこうだったらなぁという不満をこの7は全て解決してくれている。
本当に滑らかに動画を撮影できるし、夜間の撮影もさらに強くなった。

このGopro7は本当に欲しいなぁ

 

ちなみに2019年にはHERO8が発売されている。

 

スポンサーリンク