もっと気軽にアウトドア

自転車で世界一周した父が、家族のために気軽なアウトドアに奔走します。

【世界一周の道具検証】オルトリーブ バックローラークラシックとお勧めのアイテム

こんにちは。

 

昨日に引き続き、今日もオルトリーブについて考えてみます。

 

 

オルトリーブ バックローラークラシックについて

 

私が選んだのはサイドバックの大定番であるバックローラークラシックです。

 

ペアで40リットルあり世界の標準装備と言えます。

 

脱着はとてもよく考えれらており、

ガタピシャなオフロードでどんなに振動を与えれたても、外れることはないにも

関わらず、

取り外しは、上部に通っている紐を引っ張れば簡単に取れます。

 

本当にサイクリストの気持ちを知り尽くしているメーカーと言えます。

 

 

それでは、私がなぜオルトリーブを選んだかを書いていきます。

 

他の防水バックにはないオルトリーブの魅力

そもそも私が防水バックに出会ったのは

 

 

上記の様な布バックでは、絶対濡らしたくない寝袋や着替えを守る必要が

あったからです。

 

そこで、とりあえず寝袋や着替えを入れるための防水バックが必要だと

当時いたカナダで痛感し買いに行きました。

 

当時はオルトリーブがどれほど優秀か知らなかったため、

何も考えずにアウトドアショップへ向かいました。

 

カナダのホワイトホースというユーコン河下りの拠点の町だったので

防水バックと言えばカヌー関係。

そこでSEAL LINE(シールライン)というカヌー関係のメーカーの

ドライバックを手に入れました。

 

バウンダリードライバック35リットルで

ショルダーとウエストベルトは取り外しできるので、バックバックの様に

背負ったり、取り外してすっきりとドライバックとして自転車に積む事も

出来ました。

 

スポンサーリンク