もっと気軽にアウトドア

自転車で世界一周した父が、家族のために気軽なアウトドアに奔走します。

【走れる世界遺産】ケープ植物区保護地域群(南アフリカ)

こんにちは。ひるまです。

 

今日は走れる世界遺産シリーズです。

ケープ植物区保護地域群をご紹介します。

f:id:sunsunfamily:20210906140809j:image

走れる世界遺産 ケープ植物区保護地域群

ケープ植物区保護地域群

f:id:sunsunfamily:20210906141034j:plain

運よくダチョウと走れました

世界6大植物保護区のひとつに数えられるほど多様な植物の宝庫で

2004年に世界遺産登録されています。

 

植物区保護地域と言われても

なかなか私の様な素人が感動するのは難しいですが、

 

大絶景も同時に楽しめる世界遺産となっています。

 

ケープ植物区保護地域群へのアクセス

f:id:sunsunfamily:20210906140839j:image
玄関口は南アフリカケープタウン

 

ケープタウンのあるケープ半島の一部の地域が世界遺産となっており、

ケープタウンに寄り添うようにあるテーブルマウンテン

テーブルマウンテン国立公園として世界遺産に登録されています。

 

ちなみにケープタウンは世界一美しい港町と言われています。

アフリカの印象が一気に変わりますよ。

 

ゴールに相応しい喜望峰

f:id:sunsunfamily:20210906140909j:image

アフリカのゴールに相応しい喜望峰もこのケープ半島にあります。

ですが、実は喜望峰はアフリカ最南端ではなく

最南西端なんです。

 

広大なアフリカを走った後の喜望峰

最高のゴール地点で、とても感動します。

f:id:sunsunfamily:20210906140923j:plain

先が恐らく喜望峰。あとすこしと思うと感慨深い



 

f:id:sunsunfamily:20210906141153j:plain

パタゴニアのように一方から強風が吹く

 

野宿のしやすさ

f:id:sunsunfamily:20210906140947j:image

喜望峰の最寄りの街サイモンズタウンから喜望峰までは

片道約25キロで十分に往復できるので、

野宿はしませんでした。

 

ですが、印象では南アフリカの海岸線はあまり野宿する場所は

無かったように思います。

 

f:id:sunsunfamily:20210906141120j:plain

ケープ半島にはケープペンギンが生息しています。

写真はサイモンズタウンのボルダーズビーチ。

 

自然と野生動物にあふれた

ケープ半島は自転車走行にとてもおススメです。

 

スポンサーリンク